AT&T(T)がスピンオフ

0 Comments
にじゅ
持ち株をチェックしていたらAT&T(T)がものすごい勢いで売られていたので、何事かと調べるとスピンオフをするからということが分かりました。

米通信事業者AT&Tはメディア事業をスピンオフし、メディア運営会社ディスカバリーと統合させることで合意した。この取引によりCNNやHBOのほかフード・ネットワークなど多様な資産を持つ新たなエンターテインメント大手が誕生する。

  AT&Tは現金や債券など430億ドル(約4兆6960億円)相当を受け取る。17日の発表資料によれば、同社の株主は新会社の株式71%を受け取る。


ブルームバーグより


はて?勉強不足のためスピンオフとは何ぞやと思ってググって斜め読みしたところ、日本で言う親子上場みたいなものだと分かりました。

新株も割り当てられるし、結果ホールドしておけば価値は変わんないんじゃないかなと思っていましたが、精査したところどうやらそうでもないようで。

証券会社によりますが、原則的には特定orNISA口座で買い付けていた(今回で言えばAT&T)株は一般口座で再取得・割り当てられた新規会社も一般口座行きになるとのこと。

一般口座でもし売却しようものなら、確定申告の際、取得単価と約定単価を計算して、申告することになります。

普段特定口座で年間取引報告書の数字を書き写してるだけの作業がかなりの手間です。

また、それだけではなく、米ドル建てで取得していますから、取得日の為替レートまで保存しておいて計上する必要があります。

年内に売却すればまだほんの少し楽ではありますが、10年、20年先に売却したとしたらその記録は果たして参照できるのでしょうか・・・僕は絶対どこに記録したか忘れます笑

一応、買付価格が分からなくなった場合も申告の仕方があるようですが、とんでもない課税額をかけられてしまうので、現実的ではありません。

念のため、マネックス証券に電話して確認したところ、一般口座で割り当てられるかどうかは個別の銘柄次第で、AT&Tに関してはまだ決まっていないので、答えられないとのことでした。


ということで、一般口座は相当めんどくさいので、それならと全株売ってしまいました。


それに加えて調べたところ、どうやら最近、買付を進めていたIBMも2021年中にスピンオフするようで、泣く泣く手放すことになりそうです。

まだ、猶予はありますから、少しでも利益が出ていたら利確してしまおうと思います。

まだまだ知らないことがいっぱいありますね、日々勉強です。


◆励みになるので下記バナークリックしていただけるとありがたいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村





関連記事
にじゅ
Posted byにじゅ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply